漫画、ドラマ、映画などなど、観て・読んで・聞いて面白い!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CA260014.jpg

映画「アダプテーション」を観た。

コレ、なんでしょうね???
あの「マルコビッチの穴」の監督と脚本コンビの作品
なんだけど………、怪作だと思います。

とにかく、全体的によく分からない。
いや、それは意味が分からないというワケではなくて
「どうしてそうくるの??」というような。
ま、とにかく時間軸がしょっちゅう動いて
3年前だったかと思うと2年後になったりする、
という部分は確かにワケ分かりませんが。
でも不思議なことに観るのがツライというものではない。
「リンダ・リンダ・リンダ」みたいに途中で少し眠くなるということもない。
なんとなく最後まで観ちゃう。

でもね、楽しいとかスカッとするとか、重厚とかいう
ものでないことだけは確か。
怪しい雰囲気マンマンで、そのエネルギーで
最後まで有無を言わせず引っぱられちゃうのかもしれない。

ただ、なんていうのかな、
とにかくゴチャゴチャ ッという、ごった煮のような映画だけど、
ムダなショットがないのかもしれない。
ダラダラと意味もないシーンが続くから眠たくなったりするんだろうし。

むしろ、状況説明のためのショットは
ものすごくスピーディーで簡潔だから、
グイグイ観ちゃうのかも?、としか言いようがないかな。

この前UPしたコンテンツで
ドラマについて生意気なことを書きましたが、
でもやっぱり、観る人にとって
できるだけすべてのシーンを意味のあるものに
していただきたい、と思う。
セリフはその補助くらいのつもりで。

私的には、セリフってリズムが大切だと思ってる。
言い回しとか、1回にしゃべる量とか。
そして、そのリズムに応えて別の人間がしゃべる、
その掛け合いもまた、リズム。
橋田ドラマは異常にセリフが長いらしいけど
(つまり、ほとんど観たことがないんです…)
でもきっと、リズムのよいセリフなんでしょう、たぶん。

クドカンとか、三谷さんのシナリオって
このリズムが絶妙なのではないかと思うのですよ。
そのうえ、意味もなくおちゃらけたシーンのようでいて
実はとても意味のある作りだから
これはもう、面白くないわけがない。

今昼ドラでやってる「吾輩は主婦である」はクドカンの脚本ですね。
知人によると、やっぱり面白いとか…。
クヤシイ、連ドラ以外に昼ドラまで録画したら
もう消化しきれない??。週1にしてほしいよう(-。?)



ブログランキングに登録しています。
よろしかったらクリックしてください!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanamijump.blog63.fc2.com/tb.php/15-9f9ad0c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。