漫画、ドラマ、映画などなど、観て・読んで・聞いて面白い!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CA260013.jpg

ところで、フト気がつきました。
先日UPしたコンテンツで
ドラマ「トップキャスター」はながら観、と書いたけど
なぜ、そうなのか?

それは、ドラマとしては致命的なことのような気がする。
だって、この登場人物たちは
お話の経緯や自分の気持ちを
ほとんどすべて言葉にしてしゃべっているんだよ。
バラエティーなんかで、画面の下にテロップで
言っていることをすべて出しているのを
評論家たち?がダメ出していたけど、
バラエティなら、その手法で笑いを取るスタイルは
アリだと私は思う。

でもさ、ドラマはせっかく「人」とか、その人の「感情」が
その物語をつむいでいくものなのに、
全部をしゃべらせてしまうなら、
ナレーションでもテロップでもいいじゃん!?

つまり、そういうわけで、ながら観が可能だった
という結論に達したのであります。
画面を一生懸命観て、その人物の心情とかを
追いかけなくても筋が理解できるんだもん。
だから逆に、中途半端に視聴率が良かったりするんじゃないかな。

ちょっとした表情や動作や、
それから何か象徴的な小道具のショットとか風景とか……、
とにかく、ドラマや映画は画像で観るものなんだから、
そんな「画像」や「目で見るカタチ」みたいなもので
十分状況を伝えることはできるんじゃないの?

そのテクニックが俳優や演出家のやるべき仕事
なんじゃないんですか?

生意気なようですが、私はそう思う。
そして、視聴者をバカにしないでほしい。



ブログランキングに登録しています。
よろしかったらクリックしてください!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanamijump.blog63.fc2.com/tb.php/14-16de444c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。