漫画、ドラマ、映画などなど、観て・読んで・聞いて面白い!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CA260022.jpg

先々週の日曜か土曜にやってたドキュメンタリーで
荒川静香がプロになり、アイススケートショーで
アメリカ中を旅して回る、というドキュメンタリーを観た。

金メダル以降、ホントにきれいになった。
強さばかりが強調されるのがスポーツの世界だし
精神力は当然強くなくちゃできないだろうけど、
実は大切なのは結局自信なんだなあ。
自信が加わると人ってスゴイんだな?と思っちゃう。
もともと頭のいい女性だったことも大きいかも。
CMに、ファッションショーにと引く手あまたなのも納得。
女性の美しさは、顔かたちではない(失礼!?)のね。

ところで、劇団四季でも上演中ですが
映画『エビータ』が面白かった(あっ、また古い…)。
四季のミュージカルも観たことがあるけど、
舞台は舞台のよさがあると思う反面、
私としては映画のほうに軍配。
というのも、オリジナルの楽曲に日本語を乗せると
どうしても伝わりきらないニュアンスが出てきてしまう
というのが最大の理由に思える。
貧しい生まれで女優・声優となり、次々と渡り歩いた男性を踏み台に、
ついには大統領夫人となる美貌の女性・エバ・ペロン。
その経歴ゆえに、上流階級や軍部からは嫌われたが、
自分と同じ貧しい労働者階級を味方につけ、
愛人のペロン大佐を大統領の座につけてしまう、というのもすごいけど、
死してすでに半世紀が過ぎようとしているのにもかかわらず
母国アルゼンチンでは未だに聖女として愛されている
稀有でドラマチックな生涯を送った女性でした。
その微妙な言い回しやニュアンスは
(そもそもが、すべて歌で語られるミュージカル仕立てだけに)
やっぱり字幕で見るのが正解みたい。
主演のマドンナが、若くて野心的な娘を
設定どおり少々下品に演じていくが、
栄光と地位を得るごとにファーストレディーに変貌し
ほどなく若くして病に倒れる。
その間、つまりファーストレディーだったのは、たったの5?6年。
享年33歳の若さでした。

ヘタをすると悪女として描かれかねないヒロインだし、
史実としては賛否両論あるみたいだけれど、
とにかくマドンナの演じるエビータ(小さなエバ)は、
その切なさ、哀しさが素晴らしい。適役。
ただ、調べてみると、ご当地アルゼンチンでは総スカンだったそうな。
聖女の描き方に問題アリ、というのがその理由だとか。う?む。
やっぱり政治がからむだけに、一筋縄ではいきませんね。

でもとにかく、まったく違ったタイプで
違った時代に生きるふたりの女性に拍手!!
正確に言うと、エバを演じたマドンナがいいワケだから3人か?



ブログランキングに登録しています。
よろしかったらクリックしてください!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。