漫画、ドラマ、映画などなど、観て・読んで・聞いて面白い!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CA260020.jpg

映画『隠し剣 鬼の爪』のDVDを観た。

登場人物のほとんどがしゃべる東北弁(正しくは、庄内弁)が、
重い話でありながら、ユーモラスで温かなムードを出すのに役立っている。
さらに演出の巧みさと品格も加わって
私的には最近の時代劇の中ではベストワンといってもいいかも。
あれほど話題になり、数々の賞もとった『たそがれ清兵衛』を超えましたな、これは。

永瀬正敏は静かで骨太な主人公の武士、
松たか子の可憐でたくましいヒロインともに◎×3!
特に、あのひょろっとした(失礼!)永瀬正敏が、ものすごく男っぽいし
月代がきれいに剃られていないのが、なんとなく哀愁があって、またいい。

娯楽作品の王者・『男はつらいよ』を長年撮り続けた山田洋次監督だけど、
正直、これほどとは思わずに観たので、けっこう感動してしまった。
こうなると、観ず嫌い(?)になるはずだった
キムタク主演の『武士の一分』も侮れない、ということか? う?む。

それにしても、永瀬正敏、もう少し映画やドラマに
出てくれないものだろうか…。
昔観た、同じ山田監督の『息子』にも出てたけど、これも面白いよ!
細かいところは忘れちゃったので、またDVD借りようかなあ。
とにかくこれほど味わいのある俳優だとは思っていなかった。
ぜひとも新作を?!! 絶賛。

ところでここ最近、日本映画の興行成績がいいようですね。
『パッチギ!』のヒットも記憶に新しいし、
確かに面白かったので、これはヒットも納得。
ただ、邦画興行成績が良いこと自体は喜ぶべきことだと思うんだけど、
本当に良い作品(のよう)だから劇場で観る
という判断をしている人はどれくらいいるのか…?
夏のアニメ映画祭りじゃないんだから
子供っぽい興味や、宣伝につられて劇場に押し寄せる、
“映画好き”じゃないのではないかと思われる客層には
ほんの少し首をかしげてしまう。
ほら、最近の映画のCMって
観客が涙拭きながら語っているヤツが多いじゃない?
これ、かえって引くんだけど……。
まあこれもオバサンの証明かもしれませんが(・・;)

ちなみに、TVの時代劇にも名作が多数。
私的には、北大路欣也主演「子連れ狼」、古くは「必殺!」シリーズ、
少しマニアックだけど「おしどり右京捕物車」などなど。
若い人にも時代劇の面白さを分かってほしいと思うオバサンであった。



ブログランキングに登録しています。
よろしかったらクリックしてください!
スポンサーサイト
CA260019.jpg

…といいながら、まずは前期ドラマ最終回の話ですが。

「クロサギ」「弁護士のくず」ともにTBS系のドラマでしたが、
そろって続編作るぞ感バリバリの終わり方でしたね。
「くず」に至っては、他局のドラマのキメせりふを使い放題使って、
「オイ、いいのか??」っていうくらいハジけてましたが、
とにかく続きを楽しみに待つとします。
個人的には、「オマエさん、なんでアイドルやってるの?」
と思える(恥ずかしそうに頑張ってる?)山Pが好きです(ああ、オバサンだ)。
哀しいかな、イチオシの「ギャルサー」最終回は未だ観られず(・・;)
改編期の特番ドラマも同じく…。

ただ、こうして世間の流れから遅れること2週間、
ようやく新ドラマに手をつけることに成功!

まず「結婚できない男」「花嫁は厄年!?」が面白いかも。
どちらもコメディタッチだけど、
笑いのツボはそこそこハマッているように思います。
今や怪優(?)と化している阿部寛、片や旬な篠原涼子、ともに好演。
さらに、この2本は脇役がソコソコ描きこまれてる感じがするので
それらの人間関係のおかしさに期待大。
特に「花嫁?」の脇役女性陣は、いろんな意味で怖いゾ??。

「P.S.羅生門」は、
「教師びんびん物語」の脚本や漫画「人間交差点」の原作者
矢島正雄がホンを書いてるので
今後に期待、星ふたつですかね。
とにかく怪しい俳優がゴマンと出ているので
なんとなく楽しいですが。

今のところ、録画の消化はこれが精一杯(・・;)
なんだかな?というドラマには
まだ当たっていないので、今期は○かな??



ブログランキングに登録しています。
よろしかったらクリックしてください!
06-12-03~00.jpg

映画『五線譜のラブレター』を観ました。

いやあ?、久々“面白い”から入れますです。
まず、実在の人物で著名な作曲家・コール・ポーターが主人公。
だから、物語がしっかりとしている。
これが勝因その?。

次に演出。
死を目の前にした主人公が客席に座り、
自分の人生を舞台でも観るかのように眺める、という作り。
だから、現在の「老いたコール」と過去の場面とが
交互に入れ替わり立ち代り語られるんだけど、
その演出が見事!
分かりにくいということはいっさいないし、
コールが書いた曲で上演されたミュージカルのシーンから、
ぐるりとカメラを回すと
現在のコールがポツンと座っている薄暗い客席のシーン
になっているというあたり、またまた見事!!
これが勝因その?。

配役もまた、当たりで
特にコールの奥さん役のアシュレイ・ジャッドが
美しくて賢くて、なによりカッコイイ!
さらに登場人物のすべては(ドラマ作りとしては当然だろうけど…)
必ずどこかのシーンで生かされているから
観終わった後の消化不良もまったくない。
だからこれが勝因その?。

ちなみに、この真逆にあるのが「トップキャスター」
登場人物たちのその後を入れれば
いいってもんじゃないでしょーー!??
お話に関わる、意味のある
からませ方をしないなら出す必要ないじゃん。
通行人じゃあるまいし。
もう、最終回を観た後グッタリ。
パズルみたいに、たくさんのピースを
はめ込んで作るのが面白いんじゃないかと思うんだけどなあ。
あ、またまた生意気言いました…(・・;)スミマセン。

でも……比べるほうが悪いか。



ブログランキングに登録しています。
よろしかったらクリックしてください!
CA260016.jpg

視聴率は、ついに「アテンションプリーズ」
「トップキャスター」を追い抜きましたね。
私的には納得ですが、みなさんはどうなのでしょう?
あ、コレを書いた時点では
私は「アテプリ」の最終回は観れてません。
そうこうしているうちに、またまた新ドラマが…
始まってしまったじゃあないか??(・・;)

ところで先日おかしなモノを目撃しました。
とある学習塾の店内(?)にある標語(?)なんだけど
「カブトムシよりべんきょうの虫」。
……オイオイ、それってどうよ?
子供たちに、そう教えて勉強漬けにするのは
いかがなもんでしょうか。
自分のために勉強するんだよ、ってな程度は
別にアタリマエだと思うけど。
あとひと月もすると夏休みなのに……と、
オバサンはブゼンとしたのでした。

おそらく、ですが
面白いドラマや映画を作っている人たちって
お勉強ができたから面白く作れた、
というワケじゃないと思うのは…私だけ?



ブログランキングに登録しています。
よろしかったらクリックしてください!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。