漫画、ドラマ、映画などなど、観て・読んで・聞いて面白い!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
060409_1332~0001.jpg

多くの人が、本を読むことで世界観を広げていくと思うけれど、
実は、優れた漫画作品には小説やエッセイに勝るとも劣らない知識や情報、
ウンチクなんかが盛り込んであることが多い。
そしてさらに、優れた作品であればあるほど、
お勉強漫画みたいな情報の羅列ではなくて、
物語の展開に必要な要素として情報が織り込まれ、
自然にちりばめられているのではないか…。
これが、長年の漫画ファンである私の小さな理屈。

「ほのかの書」は、そんな作品でありそうな予感がするんです。

いや、早い話が、面白いんですよ。けっこう。

ところで、初コンテンツにも書いたけど、
女性週刊誌の漫画って、漫画ではないよね…っていう作品?が多いと思う。
だから、期待せずに読んで、ちょっとびっくりした。

今期のTVドラマも漫画作品が原作のものが多いけど、
実は少年誌、青年誌の作品ばかりだっていうことを考えると、
少女漫画のファンだった私としては、女性誌に頑張ってもらいたいんですよね。

ちなみに、まだチェックしきれていないけど、
今期は『クロサギ』が漫画チック、『医龍』も、これって漫画の演出じゃん、
っていう感じかな。

ああ早く録画したまんまの『トップキャスター』を観なければ…。


スポンサーサイト
桜その1

桜その2

遠い昔(ご想像におまかせしますが)は、少女まんが全盛期。
挙げるとキリのないほど多くの素晴らしい漫画作品がありました。
でも…どうもいまどきの漫画にはイマイチ反応できない。


でも、最近出会ったんです。それも、思わぬ縁からでした。
それは、コミックスでもなく、漫画雑誌でもない。
なんと女性週刊誌(ゼ?ッタイに自分では買わない雑誌ではある)。
いつもの美容院は予約でいっぱいだし、どうしてもいま行っておかないと行けなくなりそう。
そこで、飛び込みで入った美容院でのこと。
町の美容院って、何週間分も平気で置いてあったりしません?

『女性自身』(光文社だそうな)の新連載漫画「ほのかの書」がそれ。
漫画家は細村誠(絵や名前に記憶はある)、原作・荻野欣士郎(スミマセンが、初認識)。
今週発売号まで読んだ限り、
どうも「物語の展開に必要なアイテムとして、文字や漢字の意味が織り込まれている」。
いや?こう書くと、なんかカタイ漫画みたいだけど、
イエイエどうして、主人公は若い女性で職業は占い師!
つまり?「人の悩みを文字の意味を通して癒して(解決して)いく」ということではないかと。

とにかく、当ブログ初のコンテンツは「ほのかの書」で決まり!


●画像の桜について●
S県のとある地方都市にある知人宅近辺には
1本の樹に2色の花を咲かす桜が何本も見受けられます。

当ブログのスタートにあたり、
紅白の桜というのが縁起がよさそうなので
撮影させていただきました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。